【記事の更新情報】

注目



第19回「飯田ゆかりの地を歩こう会」報告

コロナ禍で中断していた「飯田ゆかりの地を歩こう会」が4年ぶりに復活し、去る12月3日(日)に21名(男性18名、女性3名)の参加のもとで開催されました。
過去の歩こう会では午前10時集合でしたが、今回は12時半にJR日暮里駅に集合し、まず谷中霊園を訪ねました。
会長:大原直(高21回)世話役:松原秀幸(高19回)、篠田裕二(高26回)、松村尚哉(高32回)、吉澤広和(高32回)。写真撮影:松原秀幸(高19回)

なお、次回からは「飯田ゆかりの」の冠を外し、新たな装いで「歩こう会」を年1回秋に実施予定です。(文責:大原直)

開催案内は、こちら
報告詳細は、こちら
写真は、こちら

維持会費納入のお願い

在京同窓会活動は会員の皆様の維持会費で運営されておりますが、維持会費の大半を定期総会通知の発送費と総会運営費に充当させて頂いております。
現在、2023年度(令和5年度)の「維持会費1,000円」納入をお願い致します。12月末までに振り込み頂きます様お願い致します。

維持会費とは別に同窓会および総会への寄付もお願いしております。
納入方法は、こちらをご覧ください。

現住所およびメールアドレス新規登録のお願い

在京同窓会の対象地域(1都7県)にお住いの皆様には、より多くの皆様に参加をして頂きたく、現住所およびメールアドレスの新規登録を推進しております。

また、対象地域にお住いの同窓生で未登録の方、住所変更をされている方をご存じでしたらご紹介をお願い致します。

◆登録頂いている皆様には、下記を実施しております。
〇在京住所登録者_____:定期総会のご案内および機関紙『稲穂』の送付
〇メールアドレス登録者__:各種お知らせや会員皆様からの情報発信(現在1,000名_の会員)
詳細は、こちらをご覧ください。

『稲穂』協賛金ご協力のお願い

在京飯田高校同窓会では、会員相互の親睦と情報交換等を目的として会誌『稻穗』を平成16 年に創刊し、今年も10月初旬の発刊を目指して第20号の制作を進めています。
『稻穗』は、同窓会員には無料で送付しており、運営費用は、協賛広告金および協賛金にて賄われています。
これらの費用に充てるため、皆様のご支援をよろしくお願い致します。

◎「稲穂』第20号 <協賛金>ご支援のお願い
◎『稲穂』第20号 <協賛金>申込書