【記事の更新情報】

注目



『稲穂』第18号への協賛広告、協賛金の継続および新規ご支援のお願い

新型コロナ感染拡大を避けるための自粛生活が続いている中、『稲穂』第17号を今秋予定通り発行するべく、編集活動を進めています。
そこで、今年も皆様にご協力頂きたく、協賛広告、協賛金の継続および新規のご支援をお願いします。様々な経済活動も自粛されている大変な時期とは思いますが、どうぞよろしくお願い致します。
依頼書
協賛広告申込書
協賛金申込書

2020(R2)年オンラインイベント開催記録

2020年初春より猛威を振るい広まった新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、様々な行事、集会等が中止や延期を余儀なくされ、必然的にオンライン化が進みました。ステイホーム、自粛、3密、PCR検査、アベノマスク、オンライン会議といった言葉が頻繁に使われました。
本年度在京同窓会定時総会もオンラインでの開催となりました。初の試みでしたが、学年幹事(高35回、高45回)の奮闘により無事終了しました。お疲れさまでした。また、皆様のご協力、ご支援、ありがとうございました。

日時 2020年11月14日(土) 14:00~15:45
配信方法 Web会議サービス「Zoom」
参加費  無料 参加者:200名程度
学年幹事 高35回、高45回
対象   在京飯田高校同窓生および全国の飯田高校同窓生

講演会  テーマ「飯田再発見、その歴史、文化、イノベーション」…講演会詳細
【歴史】飯田商工会議所100年の歴史と「飯田お練りまつり」
……..佐々木正樹氏:飯田商工会議所事務局長
【文化】「長く育まれた飯田の自然と文化」-猿庫の泉と飯田の茶道-
……..西澤良斉氏:一般財団法人中部公衆医学研究所理事長 医療法人龍川会西澤病院院長
【イノベーション】太陽光エネルギー利用の先進地としての飯田市
……..豊田朋子氏:株式会社ダイバース・キッズ代表取締役

開催方法変更に関する会長挨拶
開催の詳細
報告記(代田事務局長、高33回)
協賛金のお礼(松原会長、高19回)
写真
当日の映像

在京飯田高校同窓会維持会費納入のお願い

在京飯田高校同窓会の活動は、在京飯田高校同窓会維持会費(以降、本文中は在京同窓会維持会費と称します)で運営されております。
特に毎年皆様にご案内しております定時総会開催通知と同封します在京同窓会誌『稲穂』の発送諸費用はこの在京同窓会維持会費の約半分以上を費やしています。
現在、在京同窓会会員約3,800名(同窓会名簿で、在京(1都7県)に住所登録をしている会員)のうち、在京同窓会維持会費を毎年納入いただいている会員は約870名(令和元年度)であり、収支状況は毎年厳しい状況が続いております。
今後も、活発な同窓会活動を計画し、本同窓会を発展させてまいりますので、是非皆様には在京同窓会への維持会費の納入を宜しくお願いいたします。

令和2年度在京飯田高校同窓会維持会費納入のお願いは こちら
(在京飯田高校同窓会維持会費は同窓会本部の維持会費とは別です)

『稲穂』第17号サポーター制度のご案内

今年度も、『稲穂』第17号サポーター制度を受け付けています。
昨年より引き続き支援してくださる方、首都圏以外の同窓生で『稲穂』を手に取ってみたい方等々、ご連絡をお待ちしています。
詳細は、こちらをご覧ください。

※会員の方には、在京同窓会総会案内と一緒に『稲穂』1冊をお届けしています。サポーター制度と維持会費とは異なるものです。→「維持会費納入のお願い