同窓会誌『稻穂(TOSUI)』バックナンバー

注目

同窓会誌『稻穂(TOSUI)は、年1回10月1日に発行しています。 会員の方々には郵送していますが、こちらからも各号の全文をお読みいただけます。
※『稻穂(TOSUI)』とは……昭和16~18年に飯田中学で刊行されていた格調高い『稻穂学報』に因む →由来の記事はこちら


第20号(2023) 第19号(2022) 第18号(2021) 第17号(2020)
第16号(2019) 第15号(2018) 第14号(2017) 第13号(2016)
第12号(2015) 第11号(2014) 第10号(2013) 第  9号(2012)
第  8号(2011) 第  7号(2010) 第  6号(2009) 第  5号(2008)
第  4号(2007) 第  3号(2006) 第  2号(2005) 創刊号(2004)

※『稻穂(TOSUI)』関連への連絡・問い合わせ、ご意見は、こちらから

『稻穂』第20号 2023/10/1刊

題字 故高田墨山氏(高7)
装丁設計 酒井崇氏(高49)
表紙作品 溝井悦子氏(高14)
※冊子をご希望の方は、『稻穂』編集委員会までご連絡ください。

目 次
・Angle 浅草「映画弁士塚」に名を遺す われらが母校の先輩「藤浪無鳴」 (牧内雪彦、中47・高1回)
・扉
[在京同窓会創立70周年を迎え、新たな活動のスタートへ]
・同窓会を「絆を深め」「楽しむ」場として活用する 松原秀幸(高19回 在京飯田高校同窓会会長)
【エッセイ】
・宇宙から電池へ 竹内友岳(高49回)
・英文ブログで日本文化を紹介 古林茂樹(高17回)
・53年目の「卒業50周年記念同窓会 瀬田勝男(高22回)
・伊那Valley Supporter 会とその展望 平澤春樹 (高13回)
・タマネギの育種に取り組む 寺沢祐一(高44回)
・楕円球の転がるままに 後藤篤志(高48回)
・日本人294人目のSSF 木下安司(高22回)
【創刊20周年記念特集 「『稻穂』と私」】創刊号から第20号までの表紙一覧
【『稻穂』と私】
・『稻穂』と共に歩いて20年 牧内雪彦(中47・高1回)
・都市圏と南信州を結ぶ・・・みらい 福澤郁文(高18回)
・同窓会活動に参加して25年余 三ツ橋史緒子(高22回)
・創刊時の思い出 榊原雅直(高31回)
【フレッシュトーク】
・大好きな飯田で、未来を創る人を育てたい 塩澤優夏(高70回)
・新たな挑戦と飯田への想い 花岡莉香(高73回)
【55歳のつぶやき】
・高38回生から
・たかがパン屋、されどパン屋 加納由美(高38回)
・変わりゆくもの、変わらないもの 清水勇治(高38回)
◉令和4年度在京飯田高校同窓会定期総会報告 代田秀雄(高33回、在京飯田高校同窓会事務局長)
。。◇講演① コロナ禍で異変⁈ 今時の就職活動 学歴フィルターの実態とは? 
。。。。。。福島直樹(高37回)
。。◇講演② 人生100年時代を健やかに! あなたもなっているかも・・
。。。。。。。フレイルを予防する食事と運動 龍口知子(高37回)
。。・総会参加者の卒業回別記念写真
。。・幹事団顛末記 「SAIKAI」しました 市瀬誠一(高37回)
【今号の表紙作家】 絵は外の世界を見る通り道 溝井悦子氏(高14回)
【母校のいま】 令和5年飯高生あるある 構成・栗下修一(高21回)
【恩師の思い出】 春日輝海先生 最初の授業を鮮明に記憶 山田徹郎(高11回)
【同期会便り】中47・高1/ 6/9/10/13/14/15/17/22/23回
令和5年度在京飯田高校同窓会定期総会・懇親会のお知らせ/卒業回早見表
在京飯田高校同窓会役員
在京飯田高校同窓会無料相談室/維持会費納入のお願い/ご寄付の御礼
編集後記
同窓生の広告(MEMBERS CLIP BOARD)/ご協賛の御礼
在京飯田高校同窓会ホームページの紹介

「版画9人展」のご案内

長年、国内外で活躍する版画家、北野敏美さん(高22回、飯田市)が、氏に学んだ経験を持つ8人の仲間と共に東京国立市で展覧会を開催します。

作者は、主に長野県内在住の方々で、高校の同窓生もいらっしゃいます。
安藤睦子さん(高37、阿智村五和)
小島敬介さん(高37、飯田市駄科)
波岸祥子さん(高39、須坂市)ほか

信州からのメッセージ
「版画9人展 ー北野敏美と仲間たちー」
会期 2024年4月18日(木)~5月5日(日)
__[月火水休刊]
時間 13:00~17:30
会場 宇フォーラム美術館   アクセス
入館料 500円(会員、中学生以下無料)
ギャラリートーク 4月21日(日 14:00~)