機関紙『稲穂』バックナンバー

注目

機関紙『稲穂は、年1回10月1日に発行しています。 会員の方々には郵送していますが、こちらからも各号の全文をお読みいただけます。


第18号(2021) 第17号(2020)
第16号(2019) 第15号(2018) 第14号(2017) 第13号(2016)
第12号(2015) 第11号(2014) 第10号(2013) 第  9号(2012)
第  8号(2011) 第  7号(2010) 第  6号(2009) 第  5号(2008)
第  4号(2007) 第  3号(2006) 第  2号(2005) 創刊号(2004)

※第1回~18回の記録まとめ
※『稲穂』関連への連絡・問い合わせ、ご意見は、こちらから
※『稲穂』第17号掲載記事:「飯田ゆかりの地を歩こう会」はこうして始まった

『稲穂』第18号 2021/10/1刊

 

題字 故高田墨山氏(高7)
装丁設計 酒井崇氏(高49)
表紙 林正保氏(高25回)「風富士」
※『稲穂(とうすい)』とは…
昭和16~18年に飯田中学で刊行されていた格調高い『稲穂学報』に因む

目次ページ
・Angle 島地五六校長先生挨幻影 飯田・長久寺墓畔にて 牧内雪彦(中47・高1回)/ 扉
・『稲穂』第18号の発刊にあたって コロナ禍により新たな視点で同窓会活動に取り組む 松原秀幸(高19回)
・【わたしの人生】僕は脚本家 田口成光(高14回)
・        天気図から防災情報の発信を続けて半世紀 市澤成介(高15回)
・        人がやらないことをやる! 市瀬達弥(高24回)
・【いま第一線】「自分になればいい」に気づくまで…構成(放送)作家 北原ゆき(高44回)
・       ミステリへの憧憬、あるいは散漫なる読書のすゝめ 中村あき(筆名、高61回)
・       しなやかに生きる~和心コミュニケーションの極意 小原靖子(高57回)
・       走る教師から、走る公民館長へ~ランニングとともに歩んだ38年間 元島伸治(高31回)
・フレッシュトーク シャチと駆け抜けた4年間、そしてこれから 木下菫(高70回)
・         異邦の地マレーシア 伊藤美遥(高70回)
・55歳のつぷやき 高36回生10人から
・        コロナがもたらしてくれたもの~家族、散歩、ときどきサバゲ―前島正之(高36回)
・        ただいま大学野球部監督兼代表取締役 下枝博之(高36回)
・令和2年在京飯田高校同窓会定時総会報告
/ 《オンラインイベント写真》
/ 幹事団顛末記 初めてのオンラインイベント~コロナ禍の奮闘記 大井法子(高35回)
/ 《講演1》「飯田商工会議所100年の歴史とお練りまつり」 佐々木正樹(高35回)
/ 《講演2》「飯田の自然とそこに育まれた文化~飯田の茶道と猿庫の泉のことなど」 西澤良斉(高35回)
/ 《講演3》「太陽光エネルギー普及のパイオニアとしての飯田」 豊田朋子(高35回)
・【恩師の思い出】”アナグマ”こと、矢島勝先生の叱咤激励 佐々木康夫(高15回)
・【ふるさと再発見】我が心の鉄道・飯田線を絵本で読む 小原秀雄(高35回)
・【まだ夢の途中】医療で平和を~医療で世界をつなげたい! 北原功雄(高32回)
・【まだまだ現役】ブックデザインと文様蒐集 熊谷博人(高12回)
・        人生百年、古希より学ぶ 原敏裕(高19回)
・【われら同志会】みんなで健康に!ス・バ・ラ・シ・イ・ヨの会 棚田譲二(高22回)
・【本の窓から】「消えた峠の村」(水野都沚生・著) 高柳俊男(法政大学教授)
・【つながるふるさと】「いいだzoom歌会」を立ち上げて 奥村晃作(高7回)
・文芸の広場 ◇俳句 古畑恒雄(高3回)/林 璋(高5回)/北林巌(高17回)
・      ◇川柳 原俊夫(高9回)/木下徹信(高10回)/宮下恭一(高18回)
・今号の表紙作家 増穂登り窯との出合い 林正保(高25回)
・同期会便り(中47・高1/3~4/6/9~10/12~17/21~22/25/31~34/36回)
・つぶやき  ふるさと 平田達(中47回)
・在京飯田高校同窓会役員
・令和3年度在京飯田高校同窓会定時総会のお知らせ/卒業回早見表
・広報活動・HP紹介/サポーター募集
・在京飯田高校同窓会無料相談室/たかまつ会案内
・編集後記/ 『稲穂』原稿募集要項
・『稲穂』協賛金報告とお礼/ 同窓生の広告(members clip board)

『稲穂』第17号 2020/10/1刊

題字 故高田墨山氏(高7)
装丁設計 酒井崇氏(高49)
表紙 矢澤利彦氏(高13回)「初夏のプロチダ島」 裏表紙「コッレ風景」
※『稲穂(とうすい)』とは…
昭和16~18年に飯田中学で刊行されていた格調高い『稲穂学報』に因む

目次ページ
Angle ハチ公広場の陶板大壁画と原画作者がいる同窓会文集 (牧内雪彦、中47・高1回)

『稲穂』第17号の発刊にあたって 世の中の動きに合わせた同窓会活動へ 松原秀幸(高19回)
【わたしの人生】まだまだこれから四股で乗り切ってきた人生 福澤盛吉(中45回)
        郷里を離れて50年~そして今思うこと 伊原江太郎(高18回)
【いま第一線】 地球を読み解き、極地を拓く 菅沼悠介(高47回)
        ジャズに魂を揺さぶられて 鎌倉淳(高42回)
        パッケージデザインという仕事 塩沢善徳(高31回)
フレッシュトーク 信州を出てロボットに出会う 櫻井駿一(高71回)
         経験は最良の師 唐澤翔太(高69回)
写真特集 写真でたどる飯田高校のいま/むかし 運動班編
55歳のつぷやき 高35回生10人から
        人生の雑感 前田丈典(高35回)
        津波とウイルス、いま思うこと 松野美保(高35回)
令和元年在京飯田高校同窓会・総会報告  /総会・懇親会写真
/ 《卒業回別記念写真》
/ 《講演》「いいだ人形劇フェスタ」のいま 原田雅弘(高34回)
/ 幹事団顛末記「夢の中へ―探しものは何ですか?」 柳瀬宏司(高34回)
特別寄稿 外から見た在京飯田高校同窓会機関誌『稲穂』 高柳俊男(法政大学国際文化学部教授)
【まだまだ現役】 フルマラソン挑戦10年! 荒尾一義(高15回)
         海外生活―そして残ったもの、シャドーボックス 福島玲子(高22回)
         「闘う腫瘍内科医」として40年 佐々木康綱(高23回)
【つながるふるさと】 加齢を超えた華齢なる音楽祭 福島茂喜(高12回)
           飯田高校正門整備基金によせて 前沢元(高22回)
【日々つれづれ】 北原白秋ゆかりの地に住んで 島岡明男(高13回)
【われら同志会】 「飯田ゆかりの地を歩こう会」はこうして始まった 下島明(高19回)
【恩師の思い出】 戦時中の2人の「英語の教師」 平田達(中47回)
文芸の広場 ◇短歌 奥村晃作(高7回)/草田照子(高15回)/脇坂英文(高17回)    ◇文芸の広場に寄せて+募集要項
     ◇俳句 稲垣隆俊(中43回)/林 璋(高5回)/北林巌(高17回)
     ◇川柳 原 敏夫(高9回)/宮下恭一(高18回)/みんなの川柳 (投稿作品より)
今の表紙作家 リタイア後の旅の風景を油彩画に 矢澤利彦(高13回)
同期会便り(中47・高6・12・15・17・21・22・24・25・32・35回)
在京飯田高校同窓会役員/卒業回早見表
在京飯田高校同窓会定時総会オンラインイベントのご案内/HP・広報部会案内
『稲穂』協賛金報告/サポーター募集
在京飯田高校同窓会無料相談室/たかまつ会案内
編集後記/編集委員/原稿募集要項
同窓生の広告(members clip board)
つぶやき 感謝 平田達(中47回)

『稲穂』第16号 2019/10/1刊

題字 故高田墨山氏(高7)
装丁設計 酒井崇氏(高49)
表紙 北河原温氏(高22回)「ミラノ国際博覧会日本館外観」(2015年)
※『稲穂(とうすい)』とは…
昭和16~18年に飯田中学で刊行されていた格調高い『稲穂学報』に因む

目次ページ
Angle 忘れられた昔を語る「学而池」の碑、ここに(牧内雪彦、中47・高1回)

『稲穂』第16号の発刊にあたって ますます意義ある『稲穂』を期して(佐々木康夫、高15回)
【わたしの人生】 クラリネットを杖に生涯音楽修行 (小笠原長孝、中46回)
【いま第一線】 運命に導かれてアナトリアの地に (松村公仁、高29回)
        希求、探求、生命研究! (伊藤道彦、高32回)
        学生に希望を、社会に光を (福島直樹、高37回)
        おもしろおかしく生きた先に (小平菜摘、高61回)
・フレッシュトーク 玉置楓市瀬裕貴神庭真実子(以上、高70回)
写真特集 写真でたどる飯田高校のいま/むかし
55歳のつぷやき 高34回生10人から
        ラジオと英語と私 (柳瀬宏司、高34回)
        働き方は変わった 昭和・平成・令和 (香山真、高34回)
・平成30年度在京飯田高校同窓会・総会報告  /《同窓会・総会報告・写真》
/ 《講演》ラグビー班 花園への道 ラグビーだけで終わらない (湯澤一道、高33回)
/ 《対談》ラグビーを通して伝えたいこと (湯澤一道、高33回)☓ 児玉沙葵(高69回)
/ 《卒業回別記念写真》
・今号の表紙作家 出発点は理由のない理不尽さ (北河原温、高22回)
・【つながるふるさと】 りんご並木が原宿に出現! (上沼琢仁、高32回)
・対談 同級生コンビでファッション業界に旋風 「時代が後から追いつてきた」
村松孝尚(高23回)☓亀山功(高23回)
・【まだまだ現役】 苗字をたどる旅と思い出 (木下忠美、高9回)
・         世界放浪ひとり旅~野垂れ死んで本望~ (瀬川英二、高16回)
・【われら同志会】 究極の同志会~すばらしき囲碁サロン~ (北林巌、高17回)
・文芸の広場 ◇短歌 奥村晃作(高7回)/田中仁(高10回)/長沼節夫(高13回)/草田照子(高15回)
・     ◇俳句 冨永明夫(高2回)/古畑恒雄(高3回)/林 璋(高5回)
・     ◇川柳 原 敏夫(高9回)/萩元久志(高17回)/宮下恭一(高18回)
・         みんなの川柳 (投稿作品より)
・     ◇文芸の広場に寄せて+募集要項
・令和元年度長野県飯田高校定期総会報告(高23回幹事)
・同期会便り
・在京飯田高校同窓会役員/卒業回早見表
・令和元年在京飯田高校同窓会・総会のご案内
・『稲穂』協賛金報告/サポーター募集
・在京飯田高校同窓会 無料相談室
・在京飯田高校同窓会 HP案内/同志会案内
・編集後記/編集委員
・同窓生の広告(members clip board)
・つぶやき 感謝 (平田 達)